『空気』

弓なりの影に隠れて

ささやかな夕雨の涙

とぼとぼと歩む星がひとつ

 

白樺の朝露と

ともしびの彼方に

しみこんだ面影が

 

晴れやかな頬にふれる

鏡台の照らすものはなにか

栞のように

とどめている

 

ゆるやかなモードと

古ぼけた生が

ひっそりとかがやく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です