『足並み』

ふりをしていた

宿り木を求めて

 

澱んだ露が肌をおちる

触れられることのなくなった胸が

ただ静かにある

 

果てない跳躍

身が震えるほどの

 

常にわたしを超えてゆく

わたし

 

友として語り

手を携えて生きること

なかなか……

 

ねぇ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です