『饗宴』

「だめだ」と言いつづける
後れている、と
パジャマに着替えることもできず
縮んだ希望
突飛さにおどろく日々だ

色とりどりの夢、ことば
膨大な光条にからめとられる
すがた
ひとつの足あとを収めるうち
またひとつ影を落とす

怖れているのか?
月が背に映える
緻密な思いのあとで
やすらう汗

叫んでいるのか?
四方を囲まれせめぎ合い
うたた寝にもまれる空

鮮やかさをもとめ
ひととき
歩を停める

踊っているのか?
ふり返ると再び
息づくメロディだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です