『流星雨』

一歩一歩水がはねる
きみの膝が冷たい

背からのぞき見る視線とともに
何処へ飛び立つのか
きみはそこにいるのか
雨が降りかかる

何を忘れたのか
日々の喧騒のなかで
絞りだした声に
応えるものがあるか

そこにはいないのだ
きみ自身こそがいるのだ

つまり誰なのか
言葉か身体か
経験か関係か
夢か意図か

きみはしびれないか
きみ自身にふれたとき
雷が走らないか

すこし眠るといい
そして耳を澄ませるのだ
どんな風が吹いている
きみは抱かれているか

足下から昇る気に委ね
大きく進みなさい
大きく豊かで
進みなさい