『小部屋』

涼やかな寝顔にむけて

ふと

息をふきかけてみる

かすかな表情を感じるために

 

まつげが揺れ

額にうすく明かりがさすよう

深みから豊かな時間が流れ

 

ふたりに夜がうちかかる

 

音のない風

透ける寝息

斜面を下る月

 

引力の香りに

ゆったりとくるまれた

あなたとわたし

 

そっと

まぶたを閉じ