『芸』

やすらいだ河の流れ

下町の喧騒と提灯にしびれる

禊ぎの果てにあるものから

島々の深く通り過ぎ行く

 

荒ぶる猛き夜

いや

朝なのだろうか

暗闇と閃光の入り混じって

結んでいく

 

はつらつと萎れた花のように

さわやかに斃れた虫のように

 

美しさよ