『皮』

脚を大きく広げて踏み出すと

腹に響く

エネルギーが肩まで抜けて

はっきりと目が覚めるのだ

 

どこに置き忘れたのかしらないが

確かにはっきりと

 

そこにいたことを憶えている

この手

この脚

この心が

あなたを知っている

 

ひとりぼっちだったことを

本当にとらえたとき

世界がほろんだ

 

そして絶え間なく

ぼくは

14歳になりました